デトランスα敏感肌用が気になる…でもオリジナルとの違いは何?

デトランスα敏感肌用って気になりますよね。やはり

  • 肌が弱い…
  • でもデトランスαを使ってみたい…

こういう人に最適だと思います。

ただ、そもそもですがオリジナルのデトランスαとの違いは何なんでしょうか?

 

一番の違いは塩化アルミニウム濃度

まず押さえておくべき違いは塩化アルミニウム濃度ですね。

★塩化アルミニウム濃度の違い


  • オリジナル…20%
  • 敏感肌用…10.27%

なぜ敏感肌用は肌への刺激が抑えられているのかがわかると思います。

その理由は塩化アルミニウム濃度が低いからなんですね。

 

塩化アルミニウム濃度が低い分効果にも違いが

敏感肌用の方が塩化アルミニウム濃度が低いということは効果にも当然違いが出てきます。

塩化アルミニウム濃度が低い分、敏感肌用のデトランスαはオリジナルよりも効果が弱くなるのは当然です。

やはり肌への優しさと引き換えということですね。

効果を取るのか?それとも肌への優しさを取るのか?

この辺はあなた次第になりますが、もし肌への優しさを取るのであれば敏感肌用はおすすめです。

 

使い方に違いは?

使い方については基本的には敏感肌用でも同じです。

  • 夜寝る前にデトランスαを塗る
  • よく乾かす
  • 翌朝に拭き取る

基本はオリジナルと同じようにこれでOKです。

ただ先ほども言ったように敏感肌用は効果が弱くなる部分使用頻度も多くなるでしょう。

オリジナルが3日ほどの効果の持続時間だとしたら、敏感肌用は2日くらいと考えておいた方がいいかもしれません。

もちろん人によって使用頻度は異なりますので、あなたに合った使用頻度を見つけてみてください。

ただ、敏感肌用でも言えることは、一般のデオドラントなどと比べたら断然使用頻度も少なくて済むということです。

これってけっこう大きなメリットだと思いませんか?

何だかんだ毎日ケアするのって面倒ですよね。そんな面倒な気持ちを解消してくれるのがデトランスαということなんです。

敏感肌用についてはまだまだ疑問はあると思います。

  • 実際口コミはいいのか?
  • どこで買うのがお得なのか?

こういった疑問があると思いますので、別の記事もご覧になってくださいね。

★関連記事★



 

SNSでもご購読できます。