デトランスαは妊娠中や授乳中の女性でも使えるの?

妊娠中や授乳中はホルモンバランスの影響で体温が高くなりがちで、汗をかきやすいものです。

そうなると臭いの方も気になりますよね。

そんな時に汗を抑える効果が高いデトランスαを使いたい人もいると思いますが、妊娠中や授乳中にデトランスαを使っても大丈夫なんでしょうか?

やはり肌への刺激が強いイメージがあるデトランスαですから、デリケートな時期に使うのは気になる部分ですよね。

今回はそんな疑問に答えていきます。

 

妊娠中や授乳中にデトランスαを使ってもOK

これは実際に公式サイトに確認してみたんですが、妊娠中や授乳中にデトランスαを使っても特に問題はないそうです。

デトランスαは身体の外から塗るものです。

そりゃあ体内に取り入れる食べ物とかだったら安全性は気になるところですが、肌に塗る分には安全性は特に問題ないということなんでしょうね。

 

チチガで胸にデトランスαを使いたい人は注意!

ちなみにデトランスαを使いたい人の中には、胸の臭いであるチチガに対してデトランスαを使いたい人もいるかもしれません。

このチチガへの使用については基本的にやってはいけません。

と言いますか、チチガだけでなくデリケートゾーンや顔など脇以外には基本的に使えない仕様になっています。

基本的には脇用は脇に、手足用は手足に使うようにしてください。

ただ、やはり臭いが気になる人もいますよね。

そんな方は胸にも安心して塗れるワキガクリームなどを使うといいでしょう。

基本的に通販で売られているワキガクリームは肌に優しいものが多く、全身に対して使えるものが多いです。

チチガでお悩みでしたらワキガクリームを検討してみてください。

 

妊娠中や授乳中の使用についてのまとめ

妊娠中や授乳中のデトランスαの使用について話してきました。

基本的には妊娠中や授乳中でも問題なくデトランスαは使えます。

ただ、指定されている部位以外にはデトランスαは使わないように注意してくださいね。

あとは基本的な使い方を押さえておけば安心して使うことができるでしょう。

ちなみにデトランスαはオリジナルが一番スタンダードですが、肌が弱い方は敏感肌用も選択肢に入れてみるといいかもしれません。

敏感肌用についてはこちらでも紹介していますので、最後にリンクを貼っておきますね。

★関連記事★



 

デトランスα敏感肌用が効かない…そんな時に見直すべきポイントは?

デトランスα敏感肌用は塩化アルミニウム濃度の力で汗をしっかりと抑えてくれます。

ただ、中には「効かない」なんて口コミも見かけたりするんですよね…

デトランスαの効果には非常に満足している私なんですが、こういった悪い口コミには少々疑問を抱きます。

なぜデトランスαが効かないのか?どういった部分を見直す必要があるのか?

今回の記事で明らかにしていきたいと思います。

 

効かないのは使い方の問題?

もしかしたらデトランスαで効かないと言っている人は使い方に問題があるのかもしれません。

ここでは間違った使い方とその使い方を元に正しい使い方も紹介していきます。

 

間違った使い方①:毎日塗っている

まず1つ目が毎日デトランスαを塗っているという原因ですね。

実は塩化アルミニウムというのは毎日使っていると耐性ができてしまうこともあるようです。

おそらく毎日使っているという人は、毎日使っていないと不安なのかもしれません…

私ももちろん最初は不安でしたよ。だって数日に1回の使用で大丈夫ですって言われても、気になるものですよね。

でもここは公式サイトで書かかれていることを信じてみましょう!

私自身も毎日使っていませんが、問題なく効果は持続してくれますよ!

 

間違った使い方②:昼間に塗っている

これも非常にまずい使い方ですね。昼間にデトランスαを塗っているパターンです。

実は昼間に塗ってもデトランスαは効果を発揮してくれないんですよ。デトランスαは夜に塗るからこそ効果が高いんです。

それはなぜなのか?

夜の方が汗腺がおやすみモードになっているからなんです。

当然ながら汗腺の働きがオンになっていると、汗もかきやすいものですよね。

そうなるとせっかくデトランスαで汗腺に蓋をしようとしても、なかなか蓋ができないでしょう。

逆に夜に汗腺がおやすみモードの時にデトランスαを塗ればスムーズに汗腺にも蓋ができます。

やはりこれも公式サイトに書かれていることを忠実に守りましょう!ということですね!

 

デトランスα敏感肌用が効かないはずがない

今回紹介した間違った使い方をしている方はもしかしたらデトランスα敏感肌用が効かないのかもしれませんね。

今一度使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

そうすればデトランスα敏感肌用が効かないなんてこともなくなるはずですよえ!

せっかく商品を買うならその効果を最大限に高めたいところですよね。

正しい使い方でデトランスα敏感肌用の効果を最大限に高めてくださいね!

★関連記事★



 

デトランスα敏感肌用が気になる…でもオリジナルとの違いは何?

デトランスα敏感肌用って気になりますよね。やはり

  • 肌が弱い…
  • でもデトランスαを使ってみたい…

こういう人に最適だと思います。

ただ、そもそもですがオリジナルのデトランスαとの違いは何なんでしょうか?

 

一番の違いは塩化アルミニウム濃度

まず押さえておくべき違いは塩化アルミニウム濃度ですね。

★塩化アルミニウム濃度の違い


  • オリジナル…20%
  • 敏感肌用…10.27%

なぜ敏感肌用は肌への刺激が抑えられているのかがわかると思います。

その理由は塩化アルミニウム濃度が低いからなんですね。

 

塩化アルミニウム濃度が低い分効果にも違いが

敏感肌用の方が塩化アルミニウム濃度が低いということは効果にも当然違いが出てきます。

塩化アルミニウム濃度が低い分、敏感肌用のデトランスαはオリジナルよりも効果が弱くなるのは当然です。

やはり肌への優しさと引き換えということですね。

効果を取るのか?それとも肌への優しさを取るのか?

この辺はあなた次第になりますが、もし肌への優しさを取るのであれば敏感肌用はおすすめです。

 

使い方に違いは?

使い方については基本的には敏感肌用でも同じです。

  • 夜寝る前にデトランスαを塗る
  • よく乾かす
  • 翌朝に拭き取る

基本はオリジナルと同じようにこれでOKです。

ただ先ほども言ったように敏感肌用は効果が弱くなる部分使用頻度も多くなるでしょう。

オリジナルが3日ほどの効果の持続時間だとしたら、敏感肌用は2日くらいと考えておいた方がいいかもしれません。

もちろん人によって使用頻度は異なりますので、あなたに合った使用頻度を見つけてみてください。

ただ、敏感肌用でも言えることは、一般のデオドラントなどと比べたら断然使用頻度も少なくて済むということです。

これってけっこう大きなメリットだと思いませんか?

何だかんだ毎日ケアするのって面倒ですよね。そんな面倒な気持ちを解消してくれるのがデトランスαということなんです。

敏感肌用についてはまだまだ疑問はあると思います。

  • 実際口コミはいいのか?
  • どこで買うのがお得なのか?

こういった疑問があると思いますので、別の記事もご覧になってくださいね。

★関連記事★



 

デトランスα敏感肌用は楽天やAmazonなどの通販にない?実態を調査!

デトランスα敏感肌用は楽天やAmazonなどの通販には売られているのでしょうか?

その実態を調査してみました。

やはり公式サイト以外で安く買うなら楽天やAmazonなどの通販をまずはチェックしますよね!

あなたがチェックする手間を今回の記事が省略してくれますので、ぜひ最後までお読みください。

 

楽天やAmazonに敏感肌用はなかった…

結論をいいます。デトランスαの敏感肌用は楽天やAmazonにはありませんでした…

どうやら公式サイトでしか、商品が買えないようですね。

ということで公式サイトでの通販情報を調べてみました!

 

公式サイトでは定期購入がお得だった!

楽天やAmazonにはなかったのでしぶしぶ公式サイトで情報をチェックしたんですが、そんな私の気持ちとは裏腹にお得な定期購入が用意されていました!

内容としては定期購入の継続回数によって割引率がどんどん上がっていくというものですね。

最終的には15%割引にまで跳ね上がるみたいですよ!

ただ、デトランスαって持ちが良すぎるので、なかなか15%までは跳ね上がりません。

となると相当なヘビーユーザーしかたどり着けない領域ですね。

ただ、そうは言ってもデトランスαを購入している人の多くはリピートを繰り返しているので、15%の割引も夢ではないかもしれないですね。

徐々に割引率が上がっていくのを楽しみながら続けてもいいでしょう。

 

最初は普通のデトランスαの方がいいのかも…

デトランスα敏感肌用を調べていて思ったんですが、この敏感肌用より最初は普通のデトランスαの方がいいかもしれません。

というのも価格面では普通のデトランスαの方が優遇されているからです。

  • オリジナル…通常購入なら初回2900円、お得な定期購入もある
  • 敏感肌用…定期購入のみ割引になる

やっぱり一番最初は価格が安い方がいいですよね。

普通のデトランスαの方は通常購入でも割引が利くんです。敏感肌用も安くしてくれないかな…

それに普通のデトランスαを買うと敏感肌用のお試しサイズも付いてくるみたいですしね。

  • 価格が安い
  • お試しも付いてくる

こういった点からも最初は通常のデトランスαの方がいいかもしれませんね。

ただ、もちろん肌への刺激が心配な方もいるでしょう。

そんな方は敏感肌用から始めてもOKです。

敏感肌用についてはこちらでも詳しく解説していますので、詳しく読んでから購入を検討してみてください!

★関連記事★



 

デトランスα敏感肌用を徹底解説!口コミや通販情報などの全て!

デトランスαには通常のオリジナルタイプの他に敏感肌用というタイプの商品があります。

基本的にオリジナルタイプの方が販売実績はありますし、口コミの件数も多いわけですが、やはりかゆみなどが心配な方にとっては敏感肌用は気になりますよね。

ということで敏感肌用のデトランスαについて当サイトでは詳しく解説していきます。

実際の口コミや通販情報などを幅広く紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください!

 

デトランスα敏感肌用の口コミ

では実際に口コミをいくつか見ていきましょう。

口コミ①


オリジナルのでトランスαが私には刺激が強かったので、こちらの敏感肌用を使うことにしました。

正直なところオリジナルが肌に合わなかった時点でデトランスαの使用はやめようと思ったんですが、せっかく敏感肌用もあるということでこちらを使ってみることにしました。

多少のかゆみはあるものの使えないこともありません。

効果もしっかり実感できるので、これからも使い続けていきたいと思います。


口コミ②


私自身肌が弱いということもあったので、敏感肌用のでトランスαはすぐに飛びつきました。

結果、敏感肌用を選んで正解でした。肌が弱い私でも問題なく使えますし、効果も申し分ないです。

今まで悩んでいたのが嘘のようにしっかりと汗も臭いも抑えてくれます。


口コミ③


やはり皆さん言われているように肌の刺激は私も心配でした。

でもこれを使うことで長年の悩みが解消できればと思い、思い切って購入して使うことにしました。

今ではでトランスαが手放せません。毎日使う必要もなくて非常に助かっています。


デトランスαの口コミは全体的に良かった印象でした。

一部では痒みが出たという人もいましたが、本当にごく少数ですね。

オリジナルタイプに比べたらかゆみが出たという人も本当に少ないと思いますよ。

ということで口コミについては特に問題ないので安心してくださいね。

 

デトランスα敏感肌用って結局何が違うの?

オリジナルタイプと敏感肌用のふたつで何が違うのかは気になる部分ですよね。

ここでは簡単に二つの商品の違いを解説してみたいと思います。

基本的に何が違うのかと言いますと塩化アルミニウム濃度です。

正直これ以外の違いはないといってもいいですね。

では塩化アルミニウム濃度がどのように違うのかと言いますとこちらになっています。

  • オリジナル…20%
  • 敏感肌用…10.27%

実は、デトランスαでかゆみが出てしまう人の原因が塩化アルミニウムの影響なんです。

オリジナルタイプはやはり塩化アルミニウム濃度が高い分、かゆみを引き起こしやすいということなんですね。

なので敏感肌の人などは敏感肌用のデトランスαの方がおすすめです。

ただ、そうは言っても一番最初は通常のでトランスαをおすすめしています。

その理由はオリジナルのでトランスαを購入すると、敏感肌用のおまけもついてくるからです。

おまけということで中身は少なくなっていますか、まずは敏感肌用がどんなものか試せるのでお得ですよね。

一番最初はオリジナルのでトランスαから始めてみることをお勧めします。

 

デトランスα敏感肌用の通販情報

デトランスα敏感肌用は公式サイトでお得に購入することができます。

公式サイトでは通常価格が4800円となっており、定期購入を選択することで最大で15%の割引になります。

ただ、この定期購入は継続条件が厳しく、最低でも4回以上の継続が必須になっています。

なのでこのことを考えると、正直敏感肌用をいきなり買うのはおすすめできないなと思います。

個人的におすすめだと思っているのがノーマルタイプのでトランスαです。

先ほども簡単に説明しましたか、ノーマルタイプのデトランスαには敏感肌用のおまけが付いてきます。

そしてここが大きなポイントなんですが、ノーマルタイプのデトランスαでは初回2900円のお得な割引価格で購入することができるんです。

実はこの初回割引特典は敏感肌用にはないオリジナルタイプのみの特典となっています。

やはり一番最初に商品を買う際にはできるだけお得な価格で買いたいと思います。

それにオリジナルタイプと敏感肌用の二つが試せるのだったらかなりありがたいと思いませんか?

もしこの記事を読んでオリジナルタイプにも興味が湧いてきたのでしたら、もう少し詳しい解説をこちらでしていますので良かったら参考にしてみてください。

デトランスαについてはこちら